『Cocomitsuki Diary』



中嶋宏美ピアノ教室 cocomitsuki Diary

バスティンベーシックスシリーズ

私の教室では導入教材のバスティンピアノパーティーが終わると
全員バスティンベーシックスへと進みます。

私はこの教材が大好き。

なぜかと言いますと、

全調メソッドと言うことで、レベル4が終わるまでに全調の勉強をします。
そして楽典の勉強をしながら教材を進められるようになっているので
ソナチネやインベンションに入った時に、楽曲の構成やアナリーゼの説明がしやすい。

今ではもう他の教材は考えられません~


大昔使ってた教材は、ハ長調の曲がメインで調号の少ない調がポツポツ出きますが、
導入で短調を勉強する曲はあまり多くなかったように思います。

なので昔の教材を使用していた頃は、急に調号が増えると生徒ちゃんは
とたんに練習に行き詰まる・・。(そこでやめる子たちも続々)

短調の曲を練習しても雰囲気が出せないで、ガンガン弾く。

発表会の曲は「♯・♭が少なくて、簡単だけどカッコいい曲がいい」
と皆が口をそろえて言う。

などなど、私にとっては不都合なことが多かったです。

しかし昔は多くのピアノの先生が、このような教材を使用していましたよね。


バスティンベーシックスを使いだしてからは、♯・♭を怖がらない生徒さんが
増えました(笑)ホントに良かった良かった



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者に だけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

hirorin

Author:hirorin
大阪市鶴見区今津のピアノ教室

講師:中嶋宏美
趣味:読書・コンサートへ行くこと
家族:主人・娘・わんこ2匹(♀)


音符をなぞるだけの演奏じゃあつまらない!
音楽は世界に通じる言葉です。音楽でいろんな感情や思いを表現できる生徒さんを育てたいと願っています。

♪導入期には読譜・リズム指導を徹底し「自分で楽譜が読めて弾ける」を目標としています。

♪さらに美しい音で演奏するために、導入期より手の使い方指の使い方さらには体の使い方を楽しいレッスングッヅを使用し丁寧に指導いたします。

♪目標をもって練習していただくため、年1回の発表会の他に、コンクール、ピアノステップ、グレードテストなどに参加していただけます。

♪これまでの音楽系高校・大学の進学状況
・大阪府立夕陽丘高等学校音楽科
・大阪芸術大学演奏学科ピアノコース
・同志社女子大学音楽文化コース
・京都女子大学音楽教育学部
・大阪教育大学教養学科芸術音楽
 

♪大阪千里バスティン研究会会員
♪PTNA(全日本ピアノ指導者協会)正会員
♪PTNA ステップアドバイザー
♪PTNA コンクール審査員
♪PEN会員

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム