『Cocomitsuki Diary』



中嶋宏美ピアノ教室 cocomitsuki Diary

ルーブル美術館展

9月10日木曜日、急に思い立って,先日の勉強会にしていた先生7名で京都市美術館へ「ルーブル美術館展」を見に行きました。

朝7時40分、京橋で待ち合わせjumee☆faceA106

しかし、ゴルフに行く時のお父さんのごとく、遊びに行くとなるとシャキンと起きることができる私です笑う



ブログ「chacoとhirorinnのふたりごと」でchaco先生がレポートしてくださってますので、そちらも見てくださいね!!

ルーブル美術館展では17世紀のヨーロッパ絵画が展示されていました。
17世紀といえば音楽でいうと、バロックの時代!
そう、バッハが生きた時代ですね。

音声案内ではバックミュージックにバロック音楽が流れていましたよオンプP2

有名な絵画がたくさん展示してありましたが、実際の作品を見るとポスターやカタログで見るのとは全然異なる感情が溢れてきます。
細かい描写や色彩に感動するのと同時に、作品が訴えてくる何かが心にビンビンと響いてきます。

この日のレッスンは絵画からパワーをもらって、楽曲に対するイメージがいつもより湧いてきた・・・様な気がする!!

芸術!ブラボー!!
スポンサーサイト

コメント

ルーヴル・・・素敵!

ルーヴル美術館・・・すご~いv-237

先生のブログ内容が又すご~いv-237

バロックの時代なんですね・・・勉強になりました。色々なものに触れて感動することは、とても大切なことと小さい時からピアノの先生に言われていました。

やはり指導者もたくさん経験して生徒さん達に伝えないと駄目ですねv-342

気合の入った先生の指導が目に浮かびますv-411

素敵でしたよ!

美術館で見る絵画はオーラが出てましたよ!!

みんなでワイワイと行ったのも楽しかったですよ。
次回はnamipeeさんも一緒に行こうね!

コメントの投稿

管理者に だけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

hirorin

Author:hirorin
大阪市鶴見区今津のピアノ教室

講師:中嶋宏美
趣味:読書・コンサートへ行くこと
家族:主人・娘・わんこ2匹(♀)


音符をなぞるだけの演奏じゃあつまらない!
音楽は世界に通じる言葉です。音楽でいろんな感情や思いを表現できる生徒さんを育てたいと願っています。

♪導入期には読譜・リズム指導を徹底し「自分で楽譜が読めて弾ける」を目標としています。

♪さらに美しい音で演奏するために、導入期より手の使い方指の使い方さらには体の使い方を楽しいレッスングッヅを使用し丁寧に指導いたします。

♪目標をもって練習していただくため、年1回の発表会の他に、コンクール、ピアノステップ、グレードテストなどに参加していただけます。

♪これまでの音楽系高校・大学の進学状況
・大阪府立夕陽丘高等学校音楽科
・大阪芸術大学演奏学科ピアノコース
・同志社女子大学音楽文化コース
・京都女子大学音楽教育学部
・大阪教育大学教養学科芸術音楽
 

♪大阪千里バスティン研究会会員
♪PTNA(全日本ピアノ指導者協会)正会員
♪PTNA ステップアドバイザー
♪PTNA コンクール審査員
♪PEN会員

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム